本と映画と政治の批評
by thessalonike5
以前の記事
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...
最新のトラックバック
多層式夢幻能
from NY多層金魚 = Conce..
「新しい翼」Neue F..
from NY多層金魚 = Conce..
「新しい翼」Neue F..
from NY多層金魚 = Conce..
ストロベリー・リポート ..
from NY多層金魚 = Conce..
ストロベリー・リポート ..
from NY多層金魚 = Conce..
秘密保護法 マスコミ(特..
from 聴く 見る 読む 考える
タネたちは故郷をめざす ..
from NY多層金魚 = Conce..
安重根
from 聴く 見る 読む 考える
走って逃げよう! 原発か..
from NY多層金魚 = Conce..
走って逃げよう! 原発か..
from NY多層金魚 = Conce..
空間絵画としてのル・コル..
from NY多層金魚 = Conce..
そして12年目の9月11..
from NY多層金魚 = Conce..
わたしもベルリンオリンピ..
from 御言葉をください2
イスラエル化してゆく日本
from 聴く 見る 読む 考える
花はどこヘ行った + ..
from NY多層金魚 = Conce..
「ナチス改憲」失言、麻生..
from 酒井徹日記―平和・人権・民主..
洪水からの目醒め(5)ド..
from NY金魚
密猟者が 発電所跡で秘宝..
from NY金魚
アンドロイドは遺伝子組み..
from NY多層金魚 = Conce..
アンドロイドは遺伝子組み..
from NY多層金魚 = Conce..
アクセス数とメール


since 2004.9.1

ご意見・ご感想





S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
access countベキコ
since 2004.9.1


















<   2013年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧
秘密保護法成立まで1週間 - 議員会館前の格差社会
b0090336_185077.jpg秘密保護法案の参院での可決成立まで、残り一週間の日程となった。前回の記事で、「一人一人が自分自身の抵抗の物語を紡ごう」と勇ましいことを書いたのだけれど、そのとき思い浮かんでいたのは、辺見庸が4年前にカミュの「ペスト」を用いて講釈した一節だった。2009年2月のETV特集で放送された「しのびよる破局」。そこで、医師リウーの「ペストと戦う唯一の方法は誠実さです」という言葉が引かれた。人間の誠実さだけがペストに打ち勝つことができる。ペストという破局を前にして、人は誠実さだけで戦い抜くしかなく、ペストを克服するためにはただ誠実であるしかない。秘密保護法という、われわれを破滅と絶望に追い込む悪魔との戦いも、同じなのではないかと、そういう発想が過ぎったのだ。誠実さと謙虚さだけが、この戦いに勝ち抜く唯一の方法で、自分たち自身を守り救う道なのであり、結局それしかないのだと諦観する。後悔を残すことのないように、法案の成立を阻むべく最後まで屈服せず抵抗を貫いたことを、自らが選択した物語として刻むこと。そういう一人一人になり、デモに出た場で、他者に感動を与え、他者から勇気をもらうこと。ここにも誠実に生きようとしている市民がいるのだと、発見をすることさせること。それを積み重ねられれば、自分や他者に対する信頼みたいなものができ、たとえ法案が成立して本物の地獄に投げ込まれても、そこで粘り強く生きる力を持つことができるのではないか。


More
[PR]
by thessalonike5 | 2013-11-29 23:30
秘密保護法案の強行採決 - 悔いのない渾身の抵抗を
b0090336_16515914.jpg昨日(11/26)、特定秘密保護法案が衆院の特別委で採決され、本会議に上程されて賛成多数で可決された。朝、起きてPCを立ち上げ、Yahooのトップを見ると、本日中に採決強行という情報があり、NHKで特別委の審議の中継がすぐに始まった。審議と言っても、いつもと同じ調子でだらだらと質疑と答弁が進行し、見るに耐える議論にならず、セレモニー的アリバイ的に時間が流れ、見ると気が滅入るだけだ。委員会室に緊張感がまるでなく、本当にこの後、強行採決が行われるのだろうかと不審に思うほど、淡々と静穏に時間が潰されて行った。共産の赤嶺政賢の次に生活の玉城デニーの質疑があり、いずれも短い時間で処理され、安倍晋三が立ち上がって議場を出て行った。11時15分。その瞬間、NHKが中継を中断してスタジオにカメラを戻し、高瀬耕造が別のニュースの原稿を読み始めた。秘密保護法案とは全く無関係の話題だった。安倍晋三が席を立った後、中継が途切れる間際、民主の議員が何人か委員長の額賀福志郎を囲む場面が入ったが、まさか、そこからすぐに採決があるなどとは全く予想できなかった。安倍晋三は国会ではトイレが近いという噂がある。安倍晋三の生理的事情で中断したか、あるいは、午後の審議について野党の理事が委員長と協議しているのか、そんな感じに窺える風景だった。怪訝な気分なまま民放に切り換えると、11時30分からのニュースで採決が報道された。


More
[PR]
by thessalonike5 | 2013-11-27 23:30
猪瀬直樹の騒動の政治 - 検察の復権、目眩ましの生贄
b0090336_1441261.jpg疑惑が発覚した11/22(金)、猪瀬直樹は徳洲会からの5千万円について、午後1時のぶら下がりでは選挙資金だと認めていたが、午後3時の会見ではそれを撤回、個人の借入金だと釈明した。すると、翌11/23(土)、NHKが早朝のニュースで、猪瀬直樹の方が1億円の提供を要求してきたのだという徳洲会関係者の証言が報道され、猪瀬直樹の主張を真っ向から否定する暴露が放たれた。検察のリークであり、素早いカウンターである。同じ日、都の防災訓練に参加した猪瀬直樹が、記者からの質問に答えて、この「1億円要求」の疑惑を否定すると、翌日の11/24(日)、今度は産経が関係者の詳しい証言内容を暴露。昨年の11/19、徳田毅が徳田虎雄に電話をかけて猪瀬直樹の要求を伝えたこと、徳田虎雄が5千万円の提供を指示したこと、その場に秘書や看護師の他に銀行関係者が4人いて、つまり、事実を証言できる目撃者が何人もいることを明らかにした。これも検察のリークだ。検察は、猪瀬直樹の反論(言い訳)に応じて、逐次、即座に、マスコミに事実を流してそれを潰し、事件の真相と全貌を浮き上がらせている。この週末、リークによる新事実が次々と出て、猪瀬直樹が言っていた「借用書を書いた」話もウソだということが露呈した。今週、猪瀬直樹は記者の前でこれらを釈明しなくてはいけない。ウソで逃げると、すぐに検察がリークで追いかけて暴露記事で切り返される。


More
[PR]
by thessalonike5 | 2013-11-25 23:30
11/21の日比谷野外音楽堂での秘密保護法反対集会
b0090336_16323448.jpg昨日(11/21)、日比谷の野音で開かれた秘密保護法の反対集会に参加してきた。壇上の向かって右側に国会議員が並んで座り、最前列に糸数慶子の姿があった。この人は本当にしっかりしている。国民代表らしい国民代表だ。2年前(2011年)の年末、防衛施設局が不意打ちで沖縄県庁に辺野古の環境評価書を持ち込んだときも、体を張って現場に飛びこみ、懸命に阻止に出ていた映像が出た。それを見て感動した記憶がある。世間はもう年の瀬で、仕事納めも終わり、紅白歌合戦とおせち料理の気分の時間だった。沖縄で何か抗議の動きがあるときは、いつも必ず先頭に立っていて、この人の姿と琉大学生会旗がないと沖縄の絵にならないと感じるような、そんなシンボルマークの存在になっている。普通の市民のように、真剣に黙々と市民の運動をする。国民代表らしく動く。その行動に、いわゆる「政治家のパフォーマンス」の要素がない。共産や社民の議員連中と対照的だ(民主は論外だが)。共産や社民の議員たちは、ここぞとばかり自分の売り込みに発奮し、司会から名前を呼ばれると嬉しそうに起立、選挙の演説時のように大きく手を振り回す。自分と党の宣伝ばかりやっている。自分を芸能タレントとでも思い込んでいるらしい。壇上には辻元清美もいた。たった2週間前(11/7)、日本版NSC法案の採決で賛成起立したばかりの議員だ。


More
[PR]
by thessalonike5 | 2013-11-22 23:30
安重根の歴史認識 - リベラルの政治的立場とは何か
b0090336_15545195.jpg今週も日韓関係の問題が続いている。11/18(月)に、訪韓した中国国務委員の楊潔篪と面談した朴槿恵が、安重根の石碑をハルビン駅に建立する計画について、中国側に進捗の謝意を表明した一幕があった。NHKがNW9で小さく取り上げて放送しているのを見たが、報道内容は、いかにも韓国と中国が結託して「反日」の悪巧みをしているぞと言わんばかりの論調で、国内の反韓世論を煽る意図で編集されたことが窺える、プロパガンダ色の強いものだった。最近のNW9は、国会で審議され問題になっている社会保障プログラム法案とか、朝日の1面トップで報道された教科書検定改訂などについては何も報道せず、ワイドショー的な内容に徹するか、官僚・官邸が特別に指示した宣伝コンテンツだけを流している。まともな報道をしていない。ジャーナリズムの要素が絶無だ。フィリピンの台風災害については、現地の被害や救援の状況については取材せず、気象学者による自然科学的な台風分析ばかり紹介している。まるで、台風はフィリピンの無人島を襲ったかのような報道だ。東日本大震災が起きた後、津波の高さや地震のメカニズムばかりに焦点を当てて報道していた国があるだろうか。NHKのニュース番組を見ていると、官僚の頭の中がよく分かる。人がどれほど苦しんでいても、それを正視して考える脳がないのだ。井上あさひの目を見ていると、その冷酷な「意図的な無関心」と「関心の切り捨て」が直観できる。「官僚の情報処理」が伝わる。


More
[PR]
by thessalonike5 | 2013-11-20 23:30
韓国はコリア・ハンドラーズ(米国)の呪縛から脱却せよ
b0090336_15571191.jpg先週の時事の中で特に重要で深刻と思われるのは、文科省による教科書の検定基準改訂(改悪)の問題である。11/16の朝日1面トップに大きく報じられていたが、改悪教育基本法の目標を達成することを義務づける内容に変えている。「教育基本法の目標」というのは、言わずと知れた愛国主義教育のことで、簡単に言えば、南京大虐殺や従軍慰安婦については、政府見解に従った記述にせよという指示である。改訂の方針には、「申請図書の作成に当たり教育基本法の目標をどう具現化したか明示してもらう」とあり、出版社は「愛国記述」をどこまで徹底したか文科省に説明しなくてはいけなくなる。国家権力による教育への恐るべき介入と統制であり、窮極の反動に目眩がする。90年代後半から大問題になった「新しい歴史教科書」が、国内の全ての教科書の標準仕様となり、それ以外の教科書が排除される事態となった。右翼の歴史教科書や政経教科書が事実上の国定教科書となる。この事実は、11/15に文科省が発表して、11/16の朝日は社説で批判している。読売は11/13の時点で官僚リークを記事にした。その読売の報道を見た韓国マスコミが反発、「(日本政府が)歪曲した歴史観を次の世代に植え付けようとしている」などと批判していた。この改訂(改悪)も、韓国や中国の反発も、きわめて重要な政治事件だが、先週の国内のテレビのニュースで伝えられた記憶がない。


More
[PR]
by thessalonike5 | 2013-11-19 23:30
韓国マスコミは朴政権の日本批判を支持して結束せよ
b0090336_15162755.jpg先週(11/14)発売の週刊文春の記事で、安倍晋三が韓国を貶める暴言を吐いていたことが明らかにされ、韓国側から非難の声が高まっている。この問題は、日本のマスコミはほとんど報道していない。「中国は嫌な国だが外交はできる。韓国は交渉もできない愚かな国だ」と安倍晋三が官邸の側近に言い、それを文春が記事にした。週刊文春のサイト中吊り広告を見ると、この言葉は見出しとして大きく打ち出されていて、単に記事の文中から拾われたものではない。安倍晋三が側近を使って文春に書かせた政治であり、韓国を叩く目的で意図的に発したメッセージである。側近というのは世耕弘成だろう。このところの日本の保守マスコミの韓国攻撃は凄まじく、韓国は少し前の中国と同じ悪の存在にされ袋叩きにされている。世論もすっかり糾弾論調のファナティックな征韓論が支配し、ネットの中で日韓関係を公正で中立の正論的立場から論ずる者を見かけない。右翼化した世論や言論によるヒステリックな韓国叩きを正面から批判する者が、マスコミにもネットにも一人もいない状態だ。11年前から異常な北朝鮮叩きが始まり、8-5年前から中国叩きが過熱してオーウェル的な「2分間憎悪」の対象になったが、今年は遂に韓国がその範疇(敵国)に入った感がある。安倍晋三と右翼は、こうしてマスコミ言論を使って韓国を口汚く罵倒し、挑発をしながら、一方で猫なで声で「同じ価値観を共有する国」と言い、首脳会談開催へと狡猾な揺さぶりをかけている。


More
[PR]
by thessalonike5 | 2013-11-18 23:30
フィリピンの台風被害に対する日本の無関心と無責任
b0090336_16322163.jpgフィリピンの台風被害に対して、日本政府の支援があまりに少ない。そして対策が遅い。この問題について日本の関心が薄く小さい。昨日(11/14)、近所のコンビニのレジに救援金の募金箱を見つけたが、中には1円玉が数枚しか入っておらず、それを見て何となく気が引け、思った金額を投じられなかった。銀行か郵便局まで足を運ぶことにしようと思うけれど、どうか、近くで募金箱を見つけたらフィリピン救援をお願いしたい。欧州や米国でこの問題を見守っている人たちは、あるいは国連の関係者などは、きっとフィリピンへの日本の支援があまりに貧弱で、救援への関与がきわめて消極的で影が薄いことを不審に思っているに違いない。国際社会によるフィリピンへの救援全体の中で、日本が応分で相当の役割を果たしていない。もし仮に、メキシコで同じ甚大な災害が起きれば、当然、合衆国からの支援が突出するだろう。トルコが遭遇すれば、ドイツからの援助が群を抜く規模になると予想される。国際社会が支援するときは、豊かな先進国が大きな責任を受け持つのは当然で、また、その分担の大きさは地政学的な条件と経済的な関係の深さで決まる。フィリピンの場合は、誰が見ても日本の出番だろう。国際社会の常識と通念からして、東南アジアの国々は日本がカバーすべき責任範囲である。国際社会からのフィリピン支援は日本がリードしなくてはいけない。資金についても、情報についても、日本が前に出なくてはいけない。


More
[PR]
by thessalonike5 | 2013-11-14 23:30
日本版NSCの正体 - 参謀本部、内閣情報室、満鉄調査部
b0090336_1775419.jpg日本版NSCと秘密保護法の問題を考えている。前回、東京裁判で満州事変に関する審理が始まった件を簡単に紹介した。J-NSCは戦争と監視のための組織だが、何より、そこで作業されるのは謀略の立案である。1928年の張作霖爆殺事件、1931年の柳条湖事件、1936年の第一次上海事変、日本軍が中国侵略の過程で惹き起こした謀略は数多いが、それらの歴史を一つ一つ確認して詳しく検証することが、今、まさに求められているように思われてならず、手元にある本を読み始めた。加藤陽子の岩波新書「満州事変から日中戦争へ」は、昨年購入して、軽く斜め読みしただけだったが、今回はマーカーを引いて付箋紙を貼りながら熟読している。正直なところ、読み直し始めてすぐに顔面蒼白になった。感想が昨年と全く違う。おそらく、この本を読んでいる誰もが同じ気分で慄然となっているはずで、ということは、他ならぬ著者の加藤陽子自身が、眼前で進行中の政治に直面して身震いする毎日だろう。あまりに現在の政治の姿が生々しく投影されていて驚かされる。本の半ば、張作霖爆殺事件の件を読んでいて、次のような記述を見つけた。「事件は、関東軍高級参謀・河本大作らによって準備されたものだった。河本は、21年3月から23年8月まで北京の公使館付武官補佐官を、その後24年8月まで参謀本部支那課支那班長を務めた人物であった」(P.90)。


More
[PR]
by thessalonike5 | 2013-11-12 23:30
日本版NSCの密室と中国との戦争 - ロシアとの密約
b0090336_18463139.jpg日本版NSC法案が衆院特別委で可決された昨日(11/7)、中国山西省の省都太原の共産党委員会前で連続爆破テロがあった。夜は右翼の櫻井よしこがテレビに登場し、改憲プロパガンダを吐き散らしていた。後世の歴史は、この日をどう書くことだろうと思いを馳せる。ボストンで同じ爆破テロが発生したのは、半年前の4月のことだった。圧力鍋を使用し、中に入れた鉄釘などを飛散させ殺傷力を高めていた点など、ボストンの犯行と手口が酷似している。犯人はボストンの事件を見て真似ている。ボストンの事件が起きたとき、日本のマスコミは、犠牲になった市民に弔意を表し、標的とされた都市に同情を言い、悪逆非道な犯人への憤りを口にした。ボストン市に対して、テロに屈せず、今後も伝統の大会を継続するよう励ましの言葉を送った。今回、同じテロ事件なのに、報道の論調は全く逆で、テロを起こした犯人に共感を示し、社会的背景を説明して事件の必然性を語り、その動機の正当性を伝える内容になっている。格差と貧困に不満を持ち、独裁政権に抵抗する者による行動だろうと、恰も義挙のように言っている。被害に遭った市民を気遣う視線は全くない。ボストン市に対してはいたわりの言葉を送ったが、太原市に対しては、お前らが汚職と圧政を続けているから、民衆の怒りを買ってこんな結果を招いたのだと、ざまあみろと罵倒して糾弾している。


More
[PR]
by thessalonike5 | 2013-11-07 23:30
昔のIndexに戻る