本と映画と政治の批評
by thessalonike5
以前の記事
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...
最新のトラックバック
多層式夢幻能
from NY多層金魚 = Conce..
「新しい翼」Neue F..
from NY多層金魚 = Conce..
「新しい翼」Neue F..
from NY多層金魚 = Conce..
ストロベリー・リポート ..
from NY多層金魚 = Conce..
ストロベリー・リポート ..
from NY多層金魚 = Conce..
秘密保護法 マスコミ(特..
from 聴く 見る 読む 考える
タネたちは故郷をめざす ..
from NY多層金魚 = Conce..
安重根
from 聴く 見る 読む 考える
走って逃げよう! 原発か..
from NY多層金魚 = Conce..
走って逃げよう! 原発か..
from NY多層金魚 = Conce..
空間絵画としてのル・コル..
from NY多層金魚 = Conce..
そして12年目の9月11..
from NY多層金魚 = Conce..
わたしもベルリンオリンピ..
from 御言葉をください2
イスラエル化してゆく日本
from 聴く 見る 読む 考える
花はどこヘ行った + ..
from NY多層金魚 = Conce..
「ナチス改憲」失言、麻生..
from 酒井徹日記―平和・人権・民主..
洪水からの目醒め(5)ド..
from NY金魚
密猟者が 発電所跡で秘宝..
from NY金魚
アンドロイドは遺伝子組み..
from NY多層金魚 = Conce..
アンドロイドは遺伝子組み..
from NY多層金魚 = Conce..
アクセス数とメール


since 2004.9.1

ご意見・ご感想





access countベキコ
since 2004.9.1


















<   2011年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧
沖縄防衛局長による凌辱発言事件の真相と佐藤優の論評
b0090336_14375510.jpg沖縄防衛局長の侮辱発言の問題について、昨夜(11/29)の報ステが詳しい報道をしていた。ネットの情報では掴めない真相に触れ、この事件によく切り込んだ内容だった。対照的に、NHKは表面を撫でただけで、事件を丸めて報じ、真相を国民に隠し、官僚を守る編集になっている。二つを見較べないと、NHKの報道の意味が浮かび上がらず、この事件の真実に接近できない。11/28のオフレコ懇談会には、報道関係の9社9人が出席している。琉球新報以外に確認できるのは、読売と時事と沖縄タイムスの3社である。朝日と毎日と共同の記者はこの場にいなかった。琉球新報は、11/29朝刊の1面トップにこの記事を載せている。また、翌11/29の更迭の速報では号外まで発行している。琉球新報の怒りの大きさと、沖縄での事の重大さが伝わるが、無論、オフレコ懇談会に出席した平社員記者のレベルで、翌朝1面トップの掲載の決断ができるはずがない。想像できるのは、宴会が催された居酒屋で凄絶なやり取りがあり、琉球新報の編集幹部に記者から深刻な報告が入り、電話回線を通じた沖縄防衛局と琉球新報の間のバトルを含めて、深夜に大事件に発展していたという事実である。朝日と毎日と共同の記者が現場にいなかったのは、果たして偶然だったのだろうか。私は、この発言は田中聡による意図的なもので、オフレコ懇談会という場を名目に、琉球新報を挑発し加虐するのが狙いだったと推察する。


More
[PR]
by thessalonike5 | 2011-11-30 23:30
橋下徹に靡くネット言論の面妖 - 小泉を叩いた者が橋下に肯く
b0090336_16194426.jpgネットを見ていると、橋下徹に対して好意的で肯定的な待望論が目立つ。4年前の府知事選のときは、歯に衣を着せぬ辛辣な言葉で橋下徹を叩いていた諸Blogが、今回は一転して、「改革」を断行する手腕に期待する論調と評価になっている。それは、一般には左派系と目され、過去にはネット右翼から中傷攻撃の標的にされ、そして、小沢信者の筆頭格のようなBlogである。空気が変わった。いわゆる小沢信者系で左派系のBlogは、その言論活動の原点を小泉批判に持ち、小泉改革に対する悪罵を常套句とするのが特徴だが、その彼らが、橋下徹への待望論を公然と言い出していて、何とも面妖であり、昆虫のグロテスクな変態過程を観察させられている心境になる。小泉劇場と呼ばれる郵政選挙は、わずか6年前の出来事だ。それを忘れるには、あまりに時間が経っておらず、市民の記憶に生々しい。ダブル選挙の派手な演出、「抵抗勢力」の擬制と攻撃、公務員への敵意と復讐の扇動、「大阪都」のワンフレーズ。政治の手法も、政策の中身も、まさに小泉純一郎の生き写しではないか。6年前の同じ芝居を違う役者が演じている。台詞は同じ。「独裁の英雄」も同じ。騙されて恍惚となる群衆も同じ。さらに、橋下徹の「教育基本条例」の政治は、小沢信者左派が不倶戴天の敵としていたところの、まさに安倍晋三の反動の再現と再生そのものである。


More
[PR]
by thessalonike5 | 2011-11-29 23:30
右翼のフラッグシップとしての橋下徹 - 改憲と戦争に一歩近づく
b0090336_15392527.jpg大阪ダブル選での「維新の会」の圧勝は、一言で言えば右翼の勝利であり、日本の政治が憲法改定と対中戦争に向けて一歩前へ進んだことを意味するものだ。橋下徹は明快な政治目標を持っているし、それを実現するべく中央政界に打って出るだろうし、ポピュリズムの政治を自在に動かせる若い間に、つまり、賞味期限が切れる前に、より過激な思想と政策で人気を取る若いライバルが出現する前に、政権の座を狙うだろう。改憲は右翼の宿年の悲願だが、永田町を一瞥したところ、それを実現できる強力なパワーを持った政治家は存在しない。9条の壁を崩すには力が要る。石破茂や前原誠司にはその実行力がないこと、安倍晋三は無能すぎて期待できないことを右翼はよく知っている。石破茂や前原誠司や、その同類項の愚物たちは、首相に就く機会を得れば、すぐに「村山談話を踏襲し」の立場に転じることを右翼は見抜いている。そうした右翼にとって、最も期待を託せる過激派が橋下徹であり、自らの衝動や執念と同一化できる希望の星なのである。橋下徹の今回の勝利は、憲法9条にとって大きな危機の出来であると同時に、憲法25条にとっても絶体絶命の深刻な事態の到来である。多くを説明するまでもなく、今、生活保護が重要な政策テーマに上がり、財政難を理由に水際作戦が復活しようとしている。その現場として措定されているのは、特に大阪市だ。


More
[PR]
by thessalonike5 | 2011-11-28 23:30
銀行国有化と市場規制強化でEUの危機は回避できる
b0090336_18431266.jpg11/25(金)の報ステで欧州危機の報道をした際、古舘伊知郎が、「危機は必ず中心部へ来る」と浜矩子が言っていたと紹介した件があった。10/26のブリュッセルのEU首脳会議、11/3のカンヌのG20サミット、11/12のベルルスコーニ退陣、11/20のスペイン政権交代、11/24の独仏伊首脳会議と、この1か月間、欧州情勢が激動する中で、浜矩子がどう解説するか私は注目していたが、残念ながら浜矩子のテレビ出演を見る機会がなかった。古舘伊知郎が言及した情報は、ありがたいことにネットの検索で引っ掛かる。11/20の毎日のコラムに寄稿していた。ここで浜矩子は、危機がドイツに及ぶことを見事に予言していた。エコノミストとして、ドイツ国債札割れの事態を看破した11/20の記事は秀逸で、情勢の進行を正確に捉えた慧眼は賞賛に値する。古舘伊知郎が、番組中に浜矩子の名前を出したのは、その洞察力に舌を巻いたからだろう。と同時に、愚にもつかないコメントしか出せない無能な三浦俊章に対する面当ての意味もあったに違いない。最近、報ステの力関係が微妙に変わってきて、古舘伊知郎が謙って下手に出るようになり、三浦俊章と五十嵐浩司が威張ってふんぞり返る態度になっている。代表選からTPPと続いた政治戦で反動・官僚側が勝利したため、朝日本社が強気に出て、古舘伊知郎を押さえ込み、再び反動側へ傾斜させる形勢になった。


More
[PR]
by thessalonike5 | 2011-11-27 23:30
ヘッジファンドの規制をしないEUの欺瞞 - 国債投機で暴利
b0090336_13195465.jpg日本時間の昨夜(11/24)、独仏伊3か国の首脳会議の後の記者会見がテレビのニュースで速報された。これは、ドイツ国債の札割れの影響で世界の株価が一段安になった情勢への対処と、欧州委員会が打ち出したユーロ共同債の構想に対してドイツが反対姿勢を示し、EU諸国間で足並みが乱れる状況になったため、結束を強調するジェスチャーを見せる必要にかられたからである。開催場所がストラスブールで、会見の席の中央にサルコジが立っている絵から、会議をコールしたのがサルコジだと分かる。今日(11/25)の日経の記事(7面)には、「結束を演じたが、互いの意見対立は埋まらなかった」とある。意見対立の中身は、メルケルが、11/23の独議会での発言に続いて、あらためてユーロ共同債の構想について「必要ない」と明言した点である。会議場に到着してサルコジに出迎えられ、握手してプレスに写真を撮らせたときは、笑顔で協調のパフォーマンスを演じていたメルケルだが、会見の場では一転して表情が硬く、譲れないドイツの国益の大きさを示していた。ドイツがユーロ共同債で財政を賄うようになると、ドイツ国債よりも高い金利を払って償還しなければならなくなる。サルコジは、ユーロ共同債の実現で合意を図るべく、この導入を学者のときに主張していたモンティを呼び、二人がかりでメルケルを説得したのだ。


More
[PR]
by thessalonike5 | 2011-11-25 23:30
スペインの情勢と私案 - 欧州左派は銀行国有化を提起せよ
b0090336_17523453.jpg朝日の9面(国際面・11/20)に、「スペイン 政権交代濃厚」と見出しが打たれた記事が出ている。与党の社会労働党が敗北し、右派の国民党に政権が移る。記事によれば、国民党は、「医療費や失業手当などの削減をも視野に入れていることを示唆し、(略)公務員の給与カットを進め、財政再建を急ぐ考えを強調」とある。社会保障を削減して財政再建する政策に乗り出すのだが、スペイン国民は国民党の掲げる新自由主義路線を選択する結果に落ち着きそうだ。失業率が22%と高止まりしているため、現政権への不満が鬱積していることと、ユーロ危機の脅迫が効果を発揮していることがある。国民一般は、デフォルトとユーロ圏からの村八分を恐怖し、背に腹は代えられぬの論理と心理で、社会保障削減を受諾する態度に出ているのである。全く同じ流れが、ギリシャから始まってイタリアへと続き、南欧諸国の債務危機が政権交代を惹き起こし、そして、社会保障削減と規制緩和の新自由主義が席巻する動きとなった。現状、欧州は一つの国家であり、各国は州と同じで、大きな方向性に対して州政府は抵抗することができない。希→伊→西と続いた流れは、間違いなく仏へと波及する。フランス大統領選まで半年。今回、社会党の勝利を期待したが、事態は逆の方向に進み、欧州はIMFが支配する反動の新自由主義大陸に化けようとしている。


More
[PR]
by thessalonike5 | 2011-11-20 23:30
Never Give Up !
b0090336_2384580.jpg


More
[PR]
by thessalonike5 | 2011-11-19 23:30
This is the beginning of a revolution by workers
b0090336_23113025.jpg


More
[PR]
by thessalonike5 | 2011-11-18 23:30
派遣法改悪と反貧困系の凋落 - 政権と官僚に愚弄された果て
b0090336_16274325.jpg一昨日(11/15)、労働者派遣法改正について報道があり、製造業派遣や登録型派遣の原則禁止の規定を削除する修正案で、民・自・公の3党が合意したと伝えられた。このニュースはテレビで報じられていない。朝日の紙面(11/16・3面)には小さく記事が載っている。きわめて重大な事件だと思われるが、世間の反応は冷ややかで、ネットでも特に大きな論議が起こっていない。私が最も驚いたのは、反貧困系の面々がこの問題に何も反応を示さなかったことで、不可解でならない。まず、最初に関根秀一郎だが、先週末から四国に遊びに行っていて、その様子をTwitterに書き込んでいる。11/12に高知着、「看板の出てない居酒屋に入った。勧められるままに清水サバの刺身を頼んだ。これがうまい!弾力があって甘くて味が濃い。すだちと塩で食うのもうまい。続いてハゲの鍋をいただいた。肝もたっぷり。イッヒッヒッ」などと、現地レポートしている。翌11/13には、「すげぇうまいっすよ。酒盗に続いてかつおの塩たたきをいただいてますが、脂がのってて最高!」とも。11/14に四万十に向かい、11/15には件の報道に接したはずだが、当日は書き込みはなかった。ただ、衝撃のせいかどうか、現地レポートの方は筆が止まっている。四万十の天然鰻と手長エビの賞味はどうだったのだろう。最初に関根秀一郎を取り上げたのには理由がある。


More
[PR]
by thessalonike5 | 2011-11-17 23:30
OWSの運動論 - アマチュアリズムとプロフェッショナリズム
b0090336_15352342.jpgズコッティ公園を占拠していたOWSに対して、NY市警が不意打ちの強制排除に出た。最新の報道では、州最高裁が公園へのテントの持込を禁止する判決を下している。OWSは、11/17に1万人を動員してウォール街を封鎖する計画を明らかにしていた。当局がこれに先手を打ち、OWSの動きを封じる電撃作戦に出たものと思われる。このところ、OWSの活動を伝えるマスコミ報道が減っていて、すなわちモメンタムを再噴させる必要と意図があり、ウォール街封鎖の絵を全米と全世界に配信させようとしたのではないかと推測するが、それをやられると困る側が封殺と反撃の政治に出たのである。反革命。公園内のテントとシュラフを撤去廃棄し、二度と占拠を許さない弾圧の措置に出て、それを瞬時に司法の裁定で押し固めた。用意周到だ。ブルームバーグは、「法律を順守する限り、公園占拠を容認する姿勢を示してきたが、衛生状態や治安状況の悪化を受け、強硬姿勢に転じた」と言っている。だが、これは排除正当化の方便であり、本当の理由は政治的なところにある。当局の方針が変わったのだ。市長本人による占拠継続の容認(10/10)から1か月後のタイミング。おそらく、この措置はホワイトハウスの判断を仰いでいて、オバマの内諾と指示が出ている。NY市長の独断ではない。全米で、公園占拠に対して強制排除が行われるだろう。


More
[PR]
by thessalonike5 | 2011-11-16 23:30
昔のIndexに戻る