本と映画と政治の批評
by thessalonike5
以前の記事
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...
最新のトラックバック
多層式夢幻能
from NY多層金魚 = Conce..
「新しい翼」Neue F..
from NY多層金魚 = Conce..
「新しい翼」Neue F..
from NY多層金魚 = Conce..
ストロベリー・リポート ..
from NY多層金魚 = Conce..
ストロベリー・リポート ..
from NY多層金魚 = Conce..
秘密保護法 マスコミ(特..
from 聴く 見る 読む 考える
タネたちは故郷をめざす ..
from NY多層金魚 = Conce..
安重根
from 聴く 見る 読む 考える
走って逃げよう! 原発か..
from NY多層金魚 = Conce..
走って逃げよう! 原発か..
from NY多層金魚 = Conce..
空間絵画としてのル・コル..
from NY多層金魚 = Conce..
そして12年目の9月11..
from NY多層金魚 = Conce..
わたしもベルリンオリンピ..
from 御言葉をください2
イスラエル化してゆく日本
from 聴く 見る 読む 考える
花はどこヘ行った + ..
from NY多層金魚 = Conce..
「ナチス改憲」失言、麻生..
from 酒井徹日記―平和・人権・民主..
洪水からの目醒め(5)ド..
from NY金魚
密猟者が 発電所跡で秘宝..
from NY金魚
アンドロイドは遺伝子組み..
from NY多層金魚 = Conce..
アンドロイドは遺伝子組み..
from NY多層金魚 = Conce..
アクセス数とメール


since 2004.9.1

ご意見・ご感想





access countベキコ
since 2004.9.1


















<   2009年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧
「75兆円の経済対策」の嘘 - あまりにも差がある日米の景気対策
b0090336_12412381.jpg来週、政府が事業規模20兆円の追加経済対策の作業を開始する。麻生内閣になって半年間で3度目の景気対策であり、最初に出した08年度2次補正の関連法案(定額給付金の財源法案など)も成立していない段階での、異例の補正予算の編成となる。総額で20兆円と報道にあり、この金額と時期を見ると、解散総選挙の政局を睨んで、さらに次の09年度の第2次補正予算が準備される気配が濃厚に漂っている。要するに、「追加経済対策」の粗製乱造は麻生政権の政権延命策の切り札なのだ。「経済対策」で予算案を組めば、国会で審議せざるを得ず、反対に回る野党に対して「野党が景気の足を引っ張っている」と攻撃できる政論的立場を得る。「1日も早い予算成立が景気回復の鍵」だと言い続けることができる。御用マスコミがその論法で民主党を牽制し、本来なら倒閣に行き着かざるを得ない世論に歯止めをかけ、予算の攻防が政局であるかのような状況を偽装的に演出する。「経済対策」は麻生政権の最も有効な延命対策であり、2か月に1度の頻度で補正予算案が繰り出され続ける。

More
[PR]
by thessalonike5 | 2009-02-27 23:30
ニューズウィークの「社会主義化するアメリカ」特集と米国の気分
b0090336_12312552.jpgニューズウィークの2/25号の特集タイトルは『社会主義化するアメリカ』で、「大きな政府」の問題と銀行国有化の問題が論じられている。と言っても、記事の中身はさほど詳しいエコノミクスの議論が紹介されているわけではなく、日本で言えば、週刊東洋経済や週刊エコノミストではなくて、せいぜい週刊朝日とか週刊文春の記事のレベルを少し上げた情報に過ぎず、専門家ではなくジェネラルな論説者の記事で内容が構成されている。インテリジェンスの深さや高さを感じさせる分析の提供は特になく、米国経済の現状や動向についての知識を得る目的にも適わない。ただ、米国の現在の気分を知ることができる。それはよく反映されている。ニューズウィークは日本でどれほど売れているのだろう。この雑誌を国内で商品として購入する層の需要と動機を考えると、新自由主義のイデオロギー支配という問題が否応なく思い浮かんでくる。週刊朝日や週刊文春の英語版が米国で売られ、それを多くの米国人が「有用情報」として積極的に購読する図などおよそ想像できないが、われわれがやっていることはそういうことだ。

More
[PR]
by thessalonike5 | 2009-02-25 23:30
朝日新聞の中川問題報道の愚劣 - 中川擁護から保身の言い訳へ
b0090336_12123247.jpgコンパニオン記者の疑惑がかけられて名前が上がった外資系金融情報紙の女性記者は、元は神戸新聞の記者だった。ネットの中に震災から2年後に書いた記事の断片が残っている。外資系金融情報紙に職を転じたのはキャリア・アップのためだったのだろうか、外国語の能力を生かそうとしたのだろうか、神戸から東京に移ったのは何かプライベートな事情があったのだろうかなど、記者の人間ドラマを勝手にあれこれ想像してしまう。この10年間は、人も金もすべて、日本の資産が外資に吸い取られた時代であり、繁栄が地方から東京に奪い取られた時代だった。若くて美貌で有能な女性が、繁栄する新自由主義の東京に魅き寄せられたのは無理もないことだ。震災後の神戸の町を見つめながら地味に記事を書いているよりも、日銀クラブの記者になって国際金融の記事に署名を入れていた方が、ずっと華々しくて満ち足りた気分だっただろうし、高額な報酬が手に入っただろう。今回は、朝日新聞が中川問題をどう報じたかを検証して取り上げたい。先週、日本の報道は中川問題で埋めつくされたが、朝日の記事はどれも愚劣で不愉快なものだった。

More
[PR]
by thessalonike5 | 2009-02-24 23:30
政官と癒着して税金で遊興するマスコミ - 読売新聞の説明責任
中川・読売_1コンパニオン記者の問題についてネットの中で喧騒が続いている。その多くは荒唐無稽な陰謀論で「中川失脚」の顛末を説明する牽強付会の議論であり、日本のネットの床屋政談に特有の陰謀論病がさらに重症の度を増している状況に閉口させられる。この問題がネットで盛り上がるのは、マスコミが必死で事実を隠蔽する問題だからであり、マスコミと政治の癒着の構造の根幹に触れる問題だからである。報道機関が問題に絡んでいて、読売新聞や日本テレビだけでなく、他の新聞社やテレビ局も同じ卑猥で奇異な癒着関係が常態化していて、マスコミ自身が洗い出しにくい問題だからである。これとよく似た感覚で思い出すのは3年前の野口英昭怪死事件で、あのときはテレビが必死で隠蔽工作に関わり、強引かつ執拗に事件を「自殺」に捏造して固めた。ネットが真実を追求する場となり、テレビの隠蔽工作の手口を暴露する言論空間となった。あの事件にも安倍晋三が絡んでいる。何か事件が起きて、日本のマスコミの腐敗と病巣が表に露わになるときは、必ず安倍晋三の影が見え隠れする構図になっている。

More
[PR]
by thessalonike5 | 2009-02-22 23:30
コンパニオン記者に関する二つの疑惑と読売記者の2年前の記事
読売コンパニオン_1レジまぐ版に『ハンナ・アレントのマルクス批判』の記事を上げた。今週は、中川昭一前財務相のローマG7会議での醜態に関する問題で報道と話題が埋めつくされた。週の初めは中川昭一の引責辞任が政局の焦点になり、最初は麻生首相の後ろ楯で居直るつもりが、徐々に形勢が悪くなって2/17(火)に即刻辞任に追い込まれ、これで一件落着のはずだったが、2/18(水)に例の女性記者との合コンの一件が毎日新聞に暴露され、それ以降、週後半はその話題で日本中が沸騰する事態となった。そして週末の今日(2/21)は、泥酔記者会見の後のバチカン観光でさらに恥曝しな騒動を起こしていた事件がマスコミで報じられている。この問題は、週が明けても尾を引いて、隠されている事実の暴露が続く予感がする。2/20(金)の日刊スポーツの1面記事がこの女性記者との会見前の同伴飲酒問題で、世間一般の関心の高さを示している。スポーツ紙が政治関連の情報を1面に出して売るのは異例だ。明後日(2/23)に発売される週刊ポストと週刊現代の2誌も、この問題に焦点をあてて新事実を暴いた記事で売ろうとするだろう。

More
[PR]
by thessalonike5 | 2009-02-21 23:30
ハンナ・アレントのマルクス批判 - 恐慌の時代の説得力の行方
b0090336_135326.jpg2/17に行われた慶応義塾大学法学部の入試小論文にアレントの「公共空間」論が出題されている。直接の出典は和田紳一郎の『メディアと倫理』だが、アレントの「公共空間」なり「公的領域」の概念についての知識や理解、そしてある程度の関心がないと、受験生は問題の解答を論述することが難しいだろう。どうやら他の大学でもアレントを小論文の題材に使うことは頻繁に行われている模様で、予備校の小論文指導でも「常連」の扱いになっている。時代は変わったものだ。われわれの頃の倫理社会の教科書にアレントはなかったし、大学の講義で取り上げられることもなかった。現在、日本においてアレントやアレントの「公共空間」論は、すでに当然で所与の「常識」になっていて、18歳の受験生レベルの知識となり、日常世界の一部になっている。もっとよく考えると、現在の日本の政治学の世界で、アレントがまさに中心で頂点で標準の思想家の位置を占めているのだ。昔の丸山真男やマルクスとウェーバーの聖哲のポジションをアレントがリプレイスして、アレントによって政治学や社会科学の基礎が構成されている。

More
[PR]
by thessalonike5 | 2009-02-20 23:30 | その他
的場昭弘の「恐慌と戦争」論 - マルクス経済学の説得力の台頭
b0090336_1302674.jpg10-12月期のGDPが12.7%(年率)のマイナスとなる速報が発表された2/16、朝日新聞の13面に的場昭弘のインタビュー記事が載っていた。金融危機の発生以降ずっと続いている『資本主義はどこへ』のシリーズへのマルクス経済学者の登場である。この連載企画は面白くて、いずれ1冊の本に纏められて出版されるかも知れない。冒頭、「みんな怖がって口に出さないけど、恐慌です」と的場昭弘は言っている。現在、この状況については「金融危機」の言葉で表現され、「金融危機後の不況」と報道で言われていて、「恐慌」という言葉が使用されて説明されてはいない。だが、今から10年ほど時間が経って、今の現実が客観的に振り返られるときには、現時点は「恐慌」の過程の一部として一般認識されていることだろう。GDP値が速報された夜、一色清や木内登英は、「2010年の後半には景気は上向きになるだろう」と気休めを言っていた。何の根拠もない楽観論だ。これから、間違いなく「金融危機」の第2弾が必ずある。金子勝と田中宇が予言していたオルトAの住宅ローン担保証券市場のクラッシュがある。

More
[PR]
by thessalonike5 | 2009-02-18 23:30 | 世界金融危機
思想から政治へ - 「それでもなお、政治に求めるべきこと」骨子
b0090336_1545667.jpg依頼をいただいた社会人向け市民講座の通期のテーマは、『連帯のための哲学』(仮)と題名がつけられている。並んだ講師陣の顔ぶれを見ても、この講座がまさに「思想」を主題にしたものであり、「思想」に対する鋭くて深くて豊かな関心と問題意識で企画され構成されていることがわかる。別の言い方をすれば、この講座に集まる人たちというのは、神田三省堂の4階フロア(の上がって手前側・レジから向かって右側)に足繁く通って書架の新刊本と対面し、濃縮した時間の中で何事かを考えている人たちで、そういう思索の営みを人生の大切な一部として長く続けてきた読書人たちである。もっと言えば、私の勝手な感じ方かも知れないが、講師陣の配置と構成には何かしら意図された目的意識性がうかがわれ、それは一言で言えば、「思想から政治へ、そして思想へ」という展開の狙いのように思われた。思想の世界の足場から政治を考えようとしている。であるとすれば、講演はその課題意識に正面から答えるものでなければならず、政治思想史学からの有効な言葉の提供でなければならない。 

More
[PR]
by thessalonike5 | 2009-02-16 23:30 | その他
菜の花忌の吉報 - ネットを人が価値を生産する拠点空間にする
菜の花忌_1菜の花忌だった2月12日、あるところから講演の依頼のメールを頂戴した。日程的には半年以上先になるが、10月に都内で『それでもなお、政治に求めるべきこと?新自由主義の克服』(仮)の演題でお話をさせていただく予定となった。依頼はある団体からのもので、14回シリーズで開講される社会人向け市民講座の1回を担当する。その企画内容の案がとても素晴らしくて、現代日本の思想界をリードする有名どころが多数名前を連ねており、特に私の前の回は、「働くこととつながること」と題して津村記久子氏が講師になっている。言うまでもなく、今年の芥川賞受賞作家で、今や日本の思想世界で最も注目されている人物である。私も彼女の話はぜひ聞きたい。それから、本田由紀氏の名前もある。こういうスーパースターに交じって選定をいただいたのは、実に身に余る光栄と言うほかなく、また客観的に見れば、事務局の冒険的で野心的なチャレンジでもあり、白羽の矢を立てていただいた側としては、一世一代の仕事と心得え、事業の成功に向けて万全を尽したい。10月は選挙が終わっている。日本の政治が激動の局面を迎えている。

More
[PR]
by thessalonike5 | 2009-02-15 23:30
次は広瀬知事か - 鹿島本社・キヤノン本社・大分県庁で強制捜査へ
b0090336_13434854.jpg予想したとおり、NHKの7時のニュースは、2/10に続いて2/11も連続してキヤノンの事件を報道した。最近、NHKの7時のニュースもワイドショー化の傾向が著しくなっている。とりわけ特捜が情報を流す大きな事件報道は、最初から構成全体が出来上がっているストーリーを順番に流している演出的性格が強く、特捜部とNHKの間で入念に事前調整がされた上で情報が加工され準備されていることに気づく。ライブドア事件もそうだったし、防衛省汚職事件もそうだった。特捜部がNHKの7時のニュースを他媒体とは別格の扱いに位置づけていて、特別に丁寧に事件を説明し、報道の内容(映像と原稿)を監査しサポートしている。言わばマンツーマンで対応指導している。特捜にとってNHKの7時のニュースの事件報道は、特捜のリークをマスコミ記者が勝手に記事にしたものではなく、自ら国民に向かって分かりやすく事件を解説する場であり、武田真一が話す一回一回のニュース報道が、彼らにとっての正式な事件記録であり、組織として保存して残す現代の捕物帖綴なのである。

More
[PR]
by thessalonike5 | 2009-02-12 23:30 | その他
昔のIndexに戻る