本と映画と政治の批評
by thessalonike5
以前の記事
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...
最新のトラックバック
多層式夢幻能
from NY多層金魚 = Conce..
「新しい翼」Neue F..
from NY多層金魚 = Conce..
「新しい翼」Neue F..
from NY多層金魚 = Conce..
ストロベリー・リポート ..
from NY多層金魚 = Conce..
ストロベリー・リポート ..
from NY多層金魚 = Conce..
秘密保護法 マスコミ(特..
from 聴く 見る 読む 考える
タネたちは故郷をめざす ..
from NY多層金魚 = Conce..
安重根
from 聴く 見る 読む 考える
走って逃げよう! 原発か..
from NY多層金魚 = Conce..
走って逃げよう! 原発か..
from NY多層金魚 = Conce..
空間絵画としてのル・コル..
from NY多層金魚 = Conce..
そして12年目の9月11..
from NY多層金魚 = Conce..
わたしもベルリンオリンピ..
from 御言葉をください2
イスラエル化してゆく日本
from 聴く 見る 読む 考える
花はどこヘ行った + ..
from NY多層金魚 = Conce..
「ナチス改憲」失言、麻生..
from 酒井徹日記―平和・人権・民主..
洪水からの目醒め(5)ド..
from NY金魚
密猟者が 発電所跡で秘宝..
from NY金魚
アンドロイドは遺伝子組み..
from NY多層金魚 = Conce..
アンドロイドは遺伝子組み..
from NY多層金魚 = Conce..
アクセス数とメール


since 2004.9.1

ご意見・ご感想





access countベキコ
since 2004.9.1


















2013年 04月 14日 ( 1 )
『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』を読む(1)
b0090336_1794756.jpg村上春樹の新作『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』について、早速、書評を試みたい。(1)ストーリー、(2)ラブシーン、(3)表現、(4)同時代認識と舞台設定、(5)商品としての村上春樹、等々、感じたところを述べたいが、論理的に整理できた意見になるかどうかは自信がない。また、以下はいわゆる「ネタバレ」になるので、その点をご容赦いただきたい。まず、率直な感想から言うと、前半はとてもスリリングで面白く、村上春樹の作品らしく、冒頭から読者を引き込み、幾筋もの謎が仕掛けられる。ドラマの展開に期待が膨らんでいく。しかし、後半、謎解きの段になると、物語の厚みが次第に薄くなり、期待が充たされず不満感が残る結末となる。これは、『1Q84』でも同じ感想を持たされた。中途半端で物足りなく、敢えて悪く言えば支離滅裂な、破綻と言えば大袈裟だが、物語全体が挫折し萎縮した印象を受けるのである。『海辺のカフカ』ではそれはなかった。物語の進行を追うほどに、オーケストラの交響楽のようにボリュームが大きくなり、クライマックスで最高潮に高揚し、フィニッシュのカタルシスは言いようもない至福感を残した。感動の余韻が尾を引き、翌日も心が痺れたままの状態が続いて、マスコミ報道を含めて頭が日常空間の情報を寄せつけなかった。圧倒的な精神の動員と興奮と昇華の体験だった。そして、村上春樹は2006年にフランツ・カフカ賞を受賞、ノーベル文学賞に最も近い世界的な売れっ子作家になる。


More
[PR]
by thessalonike5 | 2013-04-14 17:07
昔のIndexに戻る