本と映画と政治の批評
by thessalonike5
以前の記事
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...
最新のトラックバック
多層式夢幻能
from NY多層金魚 = Conce..
「新しい翼」Neue F..
from NY多層金魚 = Conce..
「新しい翼」Neue F..
from NY多層金魚 = Conce..
ストロベリー・リポート ..
from NY多層金魚 = Conce..
ストロベリー・リポート ..
from NY多層金魚 = Conce..
秘密保護法 マスコミ(特..
from 聴く 見る 読む 考える
タネたちは故郷をめざす ..
from NY多層金魚 = Conce..
安重根
from 聴く 見る 読む 考える
走って逃げよう! 原発か..
from NY多層金魚 = Conce..
走って逃げよう! 原発か..
from NY多層金魚 = Conce..
空間絵画としてのル・コル..
from NY多層金魚 = Conce..
そして12年目の9月11..
from NY多層金魚 = Conce..
わたしもベルリンオリンピ..
from 御言葉をください2
イスラエル化してゆく日本
from 聴く 見る 読む 考える
花はどこヘ行った + ..
from NY多層金魚 = Conce..
「ナチス改憲」失言、麻生..
from 酒井徹日記―平和・人権・民主..
洪水からの目醒め(5)ド..
from NY金魚
密猟者が 発電所跡で秘宝..
from NY金魚
アンドロイドは遺伝子組み..
from NY多層金魚 = Conce..
アンドロイドは遺伝子組み..
from NY多層金魚 = Conce..
アクセス数とメール


since 2004.9.1

ご意見・ご感想





S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
access countベキコ
since 2004.9.1


















ベアテ・シロタ・ゴードン『1945年のクリスマス』を読む(2)
b0090336_17501153.jpgタイトルが「1945年のクリスマス」となっている理由は何か。ベアテ・シロタのこの著作を紹介している情報は多いが、題名の由縁を説明した記事は少ない。この自伝は、1945年の12月24日にベアテが5年ぶりに日本に帰国したプロローグから始まる。GHQ民政局の職員公募に応募して採用され、NYからサンディエゴ、ハワイを経由し、さらにグアムから厚木へと飛び、日本の地を再び踏んだ日が1945年のクリスマス・イブだった。つまり、作品の構成として、プロローグの場面がタイトルになっているのであり、読者の関心を惹き寄せ、意外な題名の意味を教える形で叙述が始まる工夫になっている。クライマックスは第5章の「日本国憲法に『男女平等』を書く」で、90頁(P.128-219)が割かれている。そこまでは、東京での少女時代やSFでの学生生活が回顧されているが、憲法草案に至る助走路として飽きさせない。これも本を読んで初めて知ったが、ベアテは、ロシア語、ドイツ語、フランス語、英語、日本語の5か国語に堪能な、恐るべき多言語能力のカリスマだった。両親がキエフ出身のユダヤ系ロシア人で家庭ではロシア語、生まれて5歳までウィーンに暮らし、東京に来てからは大森のドイツ人学校に通い、小学校まではドイツ語の教育環境で育っている。13歳から中目黒のアメリカンスクールに移り、16歳からSFのカレッジに留学して英語環境となる。
 



続きの内容をレジまぐ版の方に詳しく公開しました。コメントはこちらにお願いします。ログイン画面はこちらです。

b0090336_17515519.jpg
 
[PR]
by thessalonike5 | 2013-04-19 23:30
<< ベアテ・シロタ・ゴードン『19... 昔のIndexに戻る ベアテ・シロタ・ゴードン『19... >>