本と映画と政治の批評
by thessalonike5
以前の記事
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
more...
最新のトラックバック
多層式夢幻能
from NY多層金魚 = Conce..
「新しい翼」Neue F..
from NY多層金魚 = Conce..
「新しい翼」Neue F..
from NY多層金魚 = Conce..
ストロベリー・リポート ..
from NY多層金魚 = Conce..
ストロベリー・リポート ..
from NY多層金魚 = Conce..
秘密保護法 マスコミ(特..
from 聴く 見る 読む 考える
タネたちは故郷をめざす ..
from NY多層金魚 = Conce..
安重根
from 聴く 見る 読む 考える
走って逃げよう! 原発か..
from NY多層金魚 = Conce..
走って逃げよう! 原発か..
from NY多層金魚 = Conce..
空間絵画としてのル・コル..
from NY多層金魚 = Conce..
そして12年目の9月11..
from NY多層金魚 = Conce..
わたしもベルリンオリンピ..
from 御言葉をください2
イスラエル化してゆく日本
from 聴く 見る 読む 考える
花はどこヘ行った + ..
from NY多層金魚 = Conce..
「ナチス改憲」失言、麻生..
from 酒井徹日記―平和・人権・民主..
洪水からの目醒め(5)ド..
from NY金魚
密猟者が 発電所跡で秘宝..
from NY金魚
アンドロイドは遺伝子組み..
from NY多層金魚 = Conce..
アンドロイドは遺伝子組み..
from NY多層金魚 = Conce..
アクセス数とメール


since 2004.9.1

ご意見・ご感想





S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
access countベキコ
since 2004.9.1


















ベアテ・シロタ・ゴードン『1945年のクリスマス』を読む(1)
b0090336_17154337.jpgベアテ・シロタの『1945年のクリスマス』を読んだ。GHQ民政局内部における1946年2月の憲法草案作成過程が生々しく描かれ、ドキュメンタリーとしてスリリングに再現されていて、興奮しながら一気に読み上げることができる。ご一読をお薦めしたい。この本は題名で損をしている。「1945年のクリスマス」、このタイトルの響きでは、本の中身がGHQの憲法草案の歴史を書いたものだと分かっていても、そのテーマのイメージが稀釈され、憲法とは無関係な私的なエピソードが綴られた本ではないかという予想に導かれやすい。この本を読む者は、基本的にベアテ・シロタが何者か知っていて、憲法草案起草に果たしたベアテの役割をよく知っている者だ。それらの情報はネットにも載っているし、憲法に関連した多くの記事や議論ですでに目にし耳にしていて、敢えて本人の著書を繙くほどの新しい発見があるのだろうかという後ろ向きな気分にさせてしまう。ベアテ・シロタの人物についても、すでに概略を知っていて、わざわざ自伝を読むまでもないのではないかという先入観を持っている。そこに、「1945年のクリスマス」という意外な題名が入って来ると、積極的に食いつこうという動機が心理的に殺がれてしまうのだ。ということが、どうやら私の中ではあり、結局、ベアテ・シロタの死と改憲の政治的土壇場という状況が切迫するまで、定価1748円の本を買って読むという行動を起こせなかった。




続きの内容をレジまぐ版の方に詳しく公開しました。コメントはこちらにお願いします。ログイン画面はこちらです。

b0090336_171712.jpg

[PR]
by thessalonike5 | 2013-04-18 23:30
<< ベアテ・シロタ・ゴードン『19... 昔のIndexに戻る 『色彩を持たない多崎つくると、... >>